スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お見舞い申し上げます 

今回の震災で被害にあわれた皆様とそのご家族にお見舞い申し上げます。

実は私の義父のふるさとが福島。
しばらくは連絡もとれない状態でしたが幸いなことに、皆無事でした。
現在も原発の問題で心配して義母が福岡にしばらくこないか?という話をしたのですが、「大丈夫大丈夫」と明るい声だったのこと。

岩手在住のゴロ友さまともしばらく連絡がとれなかったのですが、ご家族共々無事が確認できました。
従妹のダンナが自衛隊で気仙沼に地震翌日から救助活動に入っていることもあり、今回の震災は人事とは思えませんでした。

また、うちのチビがひどい食物アレルギーがあることから、被災地のアレルギーっ子たちは何を食べているんだろう、とずっと心配でした。
やっと届いた食べ物も、どんなにお腹がすいていても自分だけが食べられない。
「何が入っていますか?」と親が確認しても「今はそんなことを言っている場合ではない」と言われる。
そんな話を聞くたびに、胸がつぶれそうになりました。

でもそんな中、体をはって自腹をきって、被災地のアレルギーっ子たちに食べ物を届けたり、食物アレルギーは好き嫌いではなく命にかかわるものだから、成分を明らかにしてほしいという啓蒙活動をされている方々もいらっしゃいました。
本当に頭がさがる思いです。
私にできることは少しの募金と、特にアレルギー対応食品を送ることぐらいしかありませんが、自分にできることを少しずつでもやっていきたいです。

援助は継続が大事。
1か月、2か月と関心が薄れてきてからが大変だときいたことがあります。
でも、そこからが本当はプロフェッショナルの方々に混ざって、民間のボランティアの力が問われる時ですよね。
献血もあと数週間してから行こうと思っています。

そして、スマスマの生放送SP。

賛否両論あるでしょうが、私はよくやったと思いました。
全ての人への正解なんてあるわけがない。
手ぐすねひいいて揚げ足をとろうと待ち構えている人たちがいる。
どういう番組をやろうと批判される。
それを承知の上で、それでも彼らは5人だけの生放送を選んだ。

私は正直、歌手としてのSMAPは今まであまり意識していなかったかもしれません。
もちろんいつも聞いているし、大好きです。
だけど今回の彼らの歌をきいて、普段でもあやしいのに、気持ちを込めすぎて力を入れ過ぎて、普段よりもさらにヘタクソになってしまった彼らの歌をきいて、なぜ彼らが国民的アイドルなのか、歌も下手、踊りもそろっていない彼らがなぜトップで20年もやってこれたのか、歌を「伝える力」というのはどういうことなのか、わかったような気がしました。
ファンだからそう思うのかもしれません。
だけどファンじゃなくてもそう感じた人はたくさんいたように思います。
少なくとも、中居くんの歌声に避難所でも笑ってくれた人がいたとききました。
中居くんは少し不本意かもしれませんが(いや願ったりかなったりかな)きっと、それだけでも、やった意味があると思いました。

SMAPはこれからも彼らにしかできないことをやっていくでしょう。
彼らに比べたら微力過ぎますが、それでも私にできる小さなことを、これからもやっていきたいと思います。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。