スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々にも程がある 

思うところあってブログ復活。
せめて月イチゴローくらいは書いとかないと。


月イチゴロー。

全然やってくれないけどな。
スポンサーサイト

旅立ちの日に 

3月1日は高校の卒業式でした。

この前入学してきた子たちがもう卒業か・・・。
月日の流れは早いものです。

保健室登校ならぬ図書館登校していた女の子も無事卒業できて、泣きながら抱きついてきてくれました。
久々に私も卒業式で泣いちゃいました。

図書館常連の子には「あの場所で癒された」
たまにしか来ない子にも「居心地のいいおもしろい場所だった」
卒業の時にそう思ってもらえるよう、これからも仕事がんばろう。

旅立っていくみんなの洋々たる前途がすばらしいものでありますように・・・。




ブログのいろいろもんもん 

日記のつもりでかる~い気持ちで始めたのよね。
もう4年近くになるのね。
ブログって難しいモンだという覚悟もなかったからね。
やっかいなモンに手を出しちまったな、なんてちょっぴり思ってたりしてね。
でも、今さらブログ書かない生活なんて考えられないのよね。

映画ネタなら自由に書けてラクだし楽しいわ~なんて思ってる自分がちょっと寂しいのよね。
もしかして「この映画クソじゃん」と思っても、気を使って褒めなきゃいけないのかしらね。
出演者によってはきっとそうした方がいいよね。

・・・めんどくせえな、ホント。

でも、そのめんどくささを引き受ける覚悟がなきゃブログやっちゃいけないんだろうね。

めんどくさいを通り越して自分を偽ることに限界感じたら、潔くスパっとやめようね、私。


母の日 

下のチビに「今日は何の日?」ときくと「S(自分)の誕生日?」・・・大丈夫か?オマエ。
上のチビにきくと「ゴミの日?」・・・狙ったな、オマエ。

日曜出勤だったので「お疲れ様~、メシできてるよ♪」なんて期待したけどダメだった。
まあ、私はダンナの母親じゃないから仕方ないか。

GWに何日も泊まったし私が仕事だったため義母にはとりあえず花を贈り、来週ごちそうすることに。
「(現金ないんで)カード使えるとこでお願いします!」と念をおす。
実母にも花を贈る。
本当は白いカーネーションなのかもしれないけど、生前プレゼントしていたものより何だか明るい色のアレンジメントを頼んでしまう。
まさか仏壇に飾りますとはいえないので小さめに、とお願いする。
メッセージカードもなぜかキッチリ書いてしまう。
チビ共にも・・・というよりチビ共メインでお絵かきがはじまる。
きっと母もその方が嬉しいだろう。
やっと読めるような汚い字で「ばあばだいすき」と書いてあった。
ちょっと泣いた。



以下、拍手&拍手コメントお礼の続きです。
こんなネタの後にすみません絵文字名を入力してください



続きを読む

春ドラ総括 

今期は『ホカベン』『ラスフレ』『パズル』。そして遅れて『チェンジ』を見てます。

『ラスフレ』は途中からだったんですが、気になって結局最後まで見てしまいました。
最終回は「は?」ですけどね。
トラック事故、ありゃないでしょう。出産シーンも。
ドキドキさせて引っ張る。
もしかしてずっとこんな感じでノせられて、見続けてたのか?と思っちまいました。
終わり方はキライじゃないんですが、ルカは手術受けなくていいんでしょうか。
本当の自分自身を受け入れてもらえる事と、自分自身が性を受け入れる事とは別のような気がするのですが。
そして、果たして性を越えた友情そして愛情は、性(この場合いわゆるSEXの意味です)を越えることはできるんでしょうか。
苦行僧のような生活を強いられるかといらぬ心配を。
まあ、そんな生々しさと無縁のところが高視聴率の一因なのでしょうけど。
長澤まさみへのイライラも含めて、みんな素敵でしたね。
錦戸くんまで素敵なところがヌルいっちゃヌルいですが。
上野樹里はのだめのインパクトが強すぎて「どう演じるんだ?」と興味津々でしたが、今じゃのだめ見るのに躊躇する程で。
デートDVも性同一性障害もドラマの中だけではなく、学校現場でも実際に挙がってきている問題です。
面白半分ではなく、ドラマなどで「知る」きっかけになるといいな。

視聴率はイマイチだったようですが、私が今期1番楽しみにしていたのは『ホカベン』でした。
テーマは重いわ、あんまり救われないわで心あたたまるドラマでは全然なかったのですが、『佐々木夫妻』の話を聞いたとき、例え数字は落ち込もうともこんなドラマを期待していた私…。
弁護士ドラマとしては回によっては詰めが甘かったり、最終回などはタブーに挑戦したせいか「オイオイオイっ!」でしたが、弁護士の正義、法の正義、弱者救済、そして「死刑になっちまえばいい」と思うほど酷いヤツでも保証されるべき弁護を受ける権利、など色々考えさせられました。
『佐々木夫妻』がなければそんなにはハマらなかったかもしれません。
それにしても法くんのいう「正義」がとてつもなくヌルく感じます。
「相手を説得してわかってもらう」?
なんだそりゃ!?です。
もちろん、夫婦ゲンカがメインのコメディと比べられるものではありません。
ただ、個人的にはせっかくの吾郎ちゃんの弁護士モノだったらこういうのが見たかったなあ。
せめてヤクザの事務所に乗り込んでワザと一発殴られてみせるとか、勝訴しても救いがなく葛藤する場面とか、そういうの見たかったなあ。

主題歌が良かったです。(ラスフレも)やりきれないラストの後にトータス松本の歌声が泥臭くだけど切なく流れ、かつて『はみだしっ子』にあった「法律を買い被っちゃいけない。妥当性を与えよ、これが限度。」という台詞が心に浮かびます。
吾郎ちゃん、NHKあたりで硬派なドラマやってくれないかなあ。

『パズル』はまだ最終回見てません。
最終回だからどうというドラマでもないでしょうけど。
ただただ、石原さとみの二重人格ぶりが見たくて見続けてました。
私は推理モノを読む割には「考える」ことを全くしないので、トリックが甘いとか無理があるとかは気になりません。
でもこのドラマに関しては、ボーっと見ている私でも「あり?」と思うところが多々ありました。
でも、みんな私同様石原さとみの豹変ぶりを楽しみに見てるのでしょうから、まあいいか。(え?違うの?)
ちなみに「花ざかりのなんちゃら」にも出ていた主役の子は仮面ライダーのサソードです。
(押しつけのミニ知識)

『チェンジ』はまだ3話です(笑)
宇津井健めあてで『ごくせん』を1度見ましたが耐えかねました。

夏ドラはあまりまだチェックしてませんが、今のところ候補は竹野内豊と菅ちゃんの『Tomorrow』です。
我ながら本当に、若い可愛い男の子に興味がないんだなあ、とつくづく思います。
今度は見るのを1本に絞らないと。
マジで日常生活送れなくなっちまう。



ありがとうございます(笑) 

ブログの調子が悪くて、最新記事が表記されないと書いただけなのに意外とたくさん拍手が・・・。
なんで?そんなに面白かった?私って文才ある!?でもどこも面白くもクソもないんだけど・・・。
で、ハッと気がつきました。
「ちゃんと新しい記事見れてるよ~。」の拍手ですね(笑)
ふふ・・・ちょっと夢みさせてもらいやした。

以下、拍手&コメントお礼です~。


続きを読む

あれ? 

ブログがヘンです。更新したのに新しいページが表示されない。
いつまでたっても「Mステ」ネタが・・・。
携帯のパソコンビューからはちゃんと見れるんだけど。
私のパソコンがおかしいのか、ブログがおかしいのか・・・。
皆さん、この記事読めてます?
・・・って、読めてる人は問題ないんじゃん!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。