スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ 

これ程もの見せられて、一体何を書けっていうのでしょう。(誰も頼んでないか…)
これほどCMが邪魔なドラマも珍しいです。
映画館で観たかったです。期待以上でした。
吾郎ちゃんファンの私ですが、ひいきめなしに素晴らしかったと思います。ファンでない方々も、老若男女問わず、彼の演技を絶賛してるようですね。
こういうドラマって、万人受けしそうで、実はとっても難しいと思います。この作品に関わった人たちが、とても丁寧に作り上げていったんだなあ、と感じます。
絶品でした。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosewar.blog71.fc2.com/tb.php/14-c3ccdeef

『飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ』

秋の番組改編のために、テレビはスペシャルドラマの放映が多い。今日は、少し前に放映し、録画しておいた稲垣吾郎主演の『飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ』を観た。『セカチュー』のヒットからか、最近では「不治の病もの」のドラマが多い気がする。少し前なら無条件で泣い.....
  • [2005/10/21 08:50]
  • URL |
  • 桂木ユミの「日々の記録と.. |
  • TOP ▲

・「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」ドラマストーリー(1/2)

2005年10月10日。フジテレビで放映されたドラマ「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」。ビデオが見つかったので、かなり遅くなりましたが、テレビドラマで見たままのストーリー(感想含む)を書きます。お時間があったら、どうぞお読み下さいませ。さてこのドラマの話は実.
  • [2005/11/22 09:51]
  • URL |
  • たまちゃんのてーげー日記 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。